ネズミ駆除を怠ると屋根裏の惨状が凄まじいことに

subpage1

屋根裏に大量のネズミが生活を送っていると、屋根裏が凄まじい参上となります。


所々にネズミの糞が落ちており、小さいサイズから大きいサイズの丸い糞がとてつもない異臭を放っています。

特に夏場になると湿度や温度が上昇するので、いつも以上の異臭を放ち、屋根下の家にも異臭が舞い降りていきます。


秋から冬にかけては乾燥した季節で、異臭も目立ちませんが夏になると手に負えません。

糞だけでなく、ネズミ達の体液の後や抜け毛、ネズミ達の食料の食べかすもあります。
ネズミ達の体液はもしかしたら糞以上に異臭を放つでしょう。

糞は乾燥してしまえば臭いも通常より目立つことはないですが、体液は乾燥しても屋根裏に染み込んで、季節等関係なく臭いをばら蒔きます。


ネズミ駆除をする時にネズミの溜まり場になっている屋根裏は掃除する勇気が湧かないかもしれません。



異臭と汚れが入り交じっている所を進んで掃除したがる人はとても変わり者です。
ネズミ駆除をした後の屋根裏は人が出入り出来る程のスペースがあれば掃除はしやすいですが、そうでなければ、着ている服が真っ黒になるぐらい汚れる覚悟が必要です。服に大量の糞や体液が嫌と言うほど付着します。

Reutersについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

また乾燥した糞や体液の跡を吸い込むと肺に異常を来すかもしれないので、必ず掃除の時はマスクの着用は義務です。

早めにネズミ駆除をしておけば、掃除を手間隙かけてやらなくて済みます。



ネズミ駆除はくれぐれも怠らないようにする必要があります。