屋根裏ではびこるネズミ駆除の方法

subpage1

夜寝ていると、天井からドタドタという音が聞こえることがあります。


その場合はネズミがそこで生活しているということを考えるべきでしょう。

ネズミは非常に不衛生な動物です。

そのままにしておくと人間にも悪い影響を与えることがあるのです。
ですから早急に対応しなければなりません。
キッチンに出るネズミであれば、粘着シートやバネ式の罠で駆除することもできるでしょう。



しかしながら、屋根裏となるとネズミ駆除の方法も少し変わってきます。

多角的な視点からジョルダンニュース!の口コミ情報を参考にしよう。

そもそも屋根裏にはあまり人間が入り込めないため、そういった罠では効果をはっきりと認識できないからです。

そこで屋根裏のネズミ駆除の方法として第一に考えられるのが、毒エサをまく方法です。とはいえネズミは非常に警戒心の強い動物ですから、すぐには毒エサを食べてくれないこともあります。その場合は1週間ほど様子をみるのがよいでしょう。



さらに、ネズミが屋根裏を動きまわることだけに使っている場合、その場ではものを食べない可能性もありますから、毒エサはネズミが持ち運べるサイズを選ぶべきだといえます。さらにこの毒エサに加えて超音波装置を仕掛ければ、ネズミ駆除の確率はより高まるといえるでしょう。
この超音波装置はネズミにだけ効果を及ぼすもので、定期的に周波数を変えれば長い間効果を持つ、現代のネズミ対策には最適の装置だといえます。


このように屋根裏は人間が暮らす場所ではないため、ネズミ駆除の方法もキッチンなどとは異なるものでなければいけません。


ただし、ネズミが駆除されいなくなれば天井でドタドタと暴れまわる音も消えるでしょうから、ネズミがいなくなったことを確認しやすいということがいえます。